2008年03月30日

めくるめく紙芝居「京都プチ山うさぎ事件簿」

chirashipuchisan080330.jpg
めくるめく紙芝居公演
「京都 プチ山 うさぎ事件簿 宇宙行ってきたんじゃな〜い?みんな楽しいんじゃな〜い?めくるめくんじゃな〜い?」
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●とき:2008年3月30日(日) 午後3時 ※開場は開演の30分前
●ところ:東御坊(山科別院長福寺)本堂
 住所:京都市山科区竹鼻サイカシ町1317 
 アクセス:京阪・地下鉄・JR山科駅から徒歩10分
●料金:投げ銭制
●出演者:伊藤泰三、井手上春香、小笠香澄、櫛谷花子、小暮宣雄、近藤柚子、西森一生、 中島正光、冨田春菜、長谷川峻也、平井綾、古川貴光、村岡俊和、安田知史、 安田良行、吉田綾、吉村真也、渡邉あい子 ほか、めくるめく紙芝居ワークショップ参加者 (出演者は変更になる可能性があります)
●ゲストアーティスト:林加奈(画家・音楽家)、HANA★JOSS(ジャワガムランユニット)、山下残(振付家・演出家)、井上信太(美術家)

●問合せ先
 めくるめく紙芝居実行委員会(担当:いでがみ)
 京都市中京区四条通室町西入ル上ル観音堂町466みやこ3階
 Tel.090-6731-8598、FAX 075-231-8607、e-mail.idegami@arts-staff.net

【主催】めくるめく紙芝居実行委員会 
【共催】京都市山科青少年活動センター 
【助成】財団法人アサヒビール芸術文化財団、財団法人大阪コミュニティ財団、
 京都新聞社会福祉事業団、松下電器ハートフルメセナ基金
【特別協賛】アサヒビール株式会社
【協力】京都橘大学(小暮宣雄研究室、たちばなアーツマネジメント研究会)、
 子どもとアーティストの出会い、真宗大谷派(東本願寺)山科別院、NPO法人わくわく
【後援】京都新聞社会福祉事業団、社会福祉法人京都市山科区社会福祉協議会

===================================

○ご注意とお願い:
 今回の会場はお寺ですので、バリアフリーではありませんが、
 みなさまにお楽しみ頂ける環境づくりを心がけています。
 車椅子等をご利用の方は、可能な対応についてご案内させて頂きますので、
 事前にお電話・FAXまたはメールでお問合せください。

○ゲストアーティスト プロフィール
【林加奈】
音楽家・画家・紙芝居師。国内外でコンサートやワークショップ、紙芝居活動を行う。
鍵盤ハーモニカオーケストラ「P-ブロッ」メンバー。
【HANA★JOSS(ROFIT IBRAHIM・佐々木宏実)】
ガムランユニット。ジャワ島中部のガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ガムランの新曲製作、また他ジャンル楽器とのコラボレーションなど、京都を拠点に活動中。
【山下残】
振付家・演出家。主な作品に、揺れる舞台で踊る「船乗りたち」、即興を演出する「動物の演劇」、観客に本を配りページをめくりながら舞台が進行する「そこに書いてある」などがある。
【井上信太】
平面作家。羊飼いプロジェクトを中心に国内外で多数の展覧会を行う。
多領域のアーティストとのコラボレーション、劇場舞台、茶室など新しい空間での平面構築に取り組み、次世代平面表現の可能性を探っている。

★めくるめく紙芝居とは?
「めくるめく紙芝居」は、障害のある人とない人、プロのアーティストが、一緒に絵・ダンス・音楽を取り入れた紙芝居の舞台作品をつくるプロジェクトです。
2006年10月から、京都市山科区でワークショップを重ねて作品をつくってきました。
また、障害のある人もない人も、より「障害」なく楽しめる舞台環境づくりについて、提案・実践しています。

posted by kananaga at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ピアノ大作戦くりくら音楽会4 平成二十年春の陣

kurikura08-spr-ura.jpgkurikura08-spr-omote.jpg

ピアノ大作戦
くりくら音楽会4 平成二十年春の陣
◆3月27日(木)19:00開演

出演/
野村誠(pf)&林加奈(鍵盤ハーモニカ・紙芝居)
VS
富樫春生(pf)&吉見柾樹(tabla)

桜は咲いたか、まだかいな。今回の春の陣の中でもっとも何がどうなるやらわけのわからない、即興色の濃い組み合わせでございます。
焼いたピアノを弾いたことがある野村さんと、紙芝居もやるという林さんは、おもちゃ箱をひっくり返したような世界を繰り広げてくれるのでありましょうや?
はたまた、かつてはピアノを弾くことを封印していたという富樫さんは、なんでもええでえ、でんでんなあ、のタブラを持たせたら日本一の吉見さんと、どんな即興演奏を聴かせてくださるでしょうや?

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

主催 : くりくら音楽会実行委員会
共催 : 門仲天井ホール復P祭プロジェクト 、ORT Music(黒田)
協力 : アサヒビール株式会社、久保田耕朗(調律)
場所 : 門仲天井ホール
料金 : 全席自由(1ドリンク付き)
    前売¥3000  当日¥3500
    学生¥2500  会員¥2700

■お申し込み方法
門仲天井ホール宛てに件名に、3/27/木「くりくら音楽会・予約」本文に、氏名、枚数、ご連絡先を明記した申込メールをお送りください。こちらから予約確認のメールを差し上げます。
なお、やもえず予約をキャンセルされる場合は事前にご連絡をいただけますようお願い申し上げます。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
もんてんのピアノは今年15歳。   門仲天井ホール支配人 黒崎八重子

   ピアノは弦楽器とは異なり、古くなれば美しい音が出せなくなり、金属や木材が疲労して修理に耐えられなくなります。複雑な構造をもったピアノは、人間と同じような寿命で一生を終えます。もんてんのピアノは、今年十五歳! もんてんの ピアノの一生はこれからです。益々もって多彩なピアニストと出会い、音楽家 と出会い、観客と出会い、思いがけない人生の喜びの時間を、ここから贈り続けてくれることでしょう。
今年も『くりくら音楽会』では、とびっきりの出会いの場にふさわしいピアニストとともに皆様をお待ちしています。どうぞ、楽しみにいらして下さい。

くりくらの一夜は            ORT Music 黒田京子
 もんてんの窓から見える夜空を、ゆっくり と月が傾いていく。時には花火が上がってい るのも見えるらしい。そしてそこにはひとり ひとりのいろんな思いが息づいている。ところで、なぜ一夜に二つのデュエットの 演奏を組むのだろう?
 二つの音楽の組み合わせが、あまりに違う 内容や方向性になった時、こういうやり方は もうやめようかと思ったのは、ほかならぬ私 だった。実際、お気に入りのミュージシャン の演奏だけを聴いて帰る方もいたし、名前す ら知らないもう一組のミュージシャンを、理 解できないと感じた方がいらしたからだ。
でも、昨年秋の最後にここで聴いたものは、 その内容はまったく異なっていたけれど、それは豊かな音楽と深い人間的なリスペクトに あふれたすばらしいコンサートだった。夢見 ていたのはこういう世界の在りようではない かと思った時、私はこのままのやり方で進めていこうと心を新たにした。
どこかに力が入っていると、ある方向に動 きやすくても、別の方向には動きにくくなる。さて、今宵の二組のデュエットはあなたの 心にどう響くでしょうか。

posted by kananaga at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。